全宇宙を、地球を、屋久島をこよなく愛す夫婦です♪ 屋久島はミラクルパラダイス!全てはひとつ、そして繋がっている。 Oneness を教えてくれた屋久島!ありがとう! HPはwww.moritabi.com 
by morino-tabibito
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
神奈川
ハッピー・ライフ♪
ビッパサナーの旅へ
白谷
縄文杉
映画
ヤクスギランドへ
四国の旅
南米日記
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
フォロー中のブログ
やくしま手づくり市
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
ナチュラルライフ
写真家
画像一覧

口永良部島へその1

屋久島の西側に位置する島、口永良部島。
永田からみると、ムーミンが仰向けになっているように見える島『口永良部島』

やっとやっと行くことが出来ました。


今回屋久島と口永良部島の文化交流のため、
太鼓保存協会が口永良部島へ向かった。
健太は太鼓のメンバーのため行くことになったので、
私も一緒に~太鼓を口永良部島で聞きたい!って思ったので、
私も一緒に行くことになった。



出発の日、
波がとてもしけていた。

だけど、海から見える屋久島の景色を楽しみにしていた。

私は早速デッキへ行った。
太鼓メンバーのわっしーと一緒に景色を楽しんだ。


b0160957_1143655.jpg

行って来るよ~~屋久島~~~


b0160957_11443416.jpg

波でできる虹が美しいね~~~


b0160957_1145439.jpg

彩雲が現われました。 うわ~~~いい兆しだね~~

b0160957_11473859.jpg


なんて美いんでしょう~~屋久島すごいね~~
光がたくさんふりそそでいるよ~~~~



このあと、私達は完全に船酔い。。。
わっしーはいすの上で横になり、
私は永田岳をずっと見ていた。

『遠くをみなくちゃ遠くをみなくちゃ』

胃がすごい~~~~~
波が高い~~~~

下のほうでは子ども達がはいているらしい。。。。

トイレに今いったら絶対に吐く。。。


私は永田岳を見ていた。。。


ワッシーが起き上がって

『口永良部島だよ~~~~。』


私は右側の船ほうに出た。

うわ~~~~~

b0160957_1151317.jpg


ちかい~~もうすぐ。。。。


雲は彩雲だらけだった~~~


船酔いに懸命だった。


口永良部島の山からいきなり大きな煙がでた~~

『うわ~~~歓迎されているよ~~~』

もうね、大興奮だった。


このころ船酔いもかなりよくなった。



港とつくと、
民宿のご主人さんが迎えにきてくれた。

電話応対、声が健太のお父さんそっくりだったので、
もうこの民宿に泊まりたいってすぐ思った。


車に乗ると、窓に大きな蜘蛛の巣があり、
大きな蜘蛛が住んでいた。


『蜘蛛さんが車の中に住んでいるなんてステキ~』
なんて思っていたらご主人さんは私の考えをよんだように、


『この数日前から雲が住んでいるのですよ~~』


ご主人さんはクモの巣を払わないんだよね。
これで一揆~に 私は感動してしまった。

みんなクモといったら嫌うからね。

だけどクモは神様が作った虫。
みんな私達も含めて神様のアートなんだよね。

それをきもちわるい、いいいってきめるのは私達こころなんだよね。


宿についたら、もうここが大好きななった。

廃校になった学校の板で作ったお宿だった。
木がきもちいい、
大きい~~~
べランダも硫黄島がみえてすごい、


そしてお部屋がもうね、最高なのよ~~~

b0160957_11591477.jpg



イメージはメキシコの村(いったことないけど)、
スペイン語がきこえてきそうな感じ。


b0160957_1204669.jpg

この小さい窓が大好きだよ~~~ 


このあとは私はいそいで車を借りて、
神社へむかった健太たちの奉納太鼓なのだ。


b0160957_1221170.jpg

みんなあつまる


b0160957_1234739.jpg

屋久島から太鼓も運びました。太鼓たちも準備完了!

b0160957_1265513.jpg

いきなり地元のおじいちゃんが健太にはなしかけてきた。

なんと『やくしま手づくり市』でお世話になっている恵子さんのお父さんなのだ~~
すごいね。

私の口永良部島写真をみて恵子さんは、
『私の父は口永良部島にいるのよ。 この竹の籠も父が作ったの』
とやくしま手づくり市で販売していた。
本当にそのおじいちゃんに会えるなんて~~~

すごい!それも最初にいきなり健太に話しかけてきたことがすごい!

なんでわかったんだろう~~~もうおじいちゃんの直感だよね。
あえてとても嬉しかったよ。繋がった気がした。
タイガーのおじいちゃん。


b0160957_12103261.jpg

神様にご挨拶した。

『いまから奉納させていただきます。
ありがとうございます。』

b0160957_1212288.jpg

島の人もどんどん集まってきた。


奉納演奏がはじまった。


b0160957_121341100.jpg



太鼓がなりひびく


b0160957_1215026.jpg






b0160957_121651100.jpg






b0160957_1218031.jpg


ありがとうございます!




このあとみんな夜の交流会の太鼓の準備があり、
私は一人島一周の旅に出た。



まず寝待温泉に向かった。

立神岩がすごすぎ!

b0160957_12204193.jpg



そいえば友人のくみちゃんたちが去年日食にここでキャンプしたって話していた。
この立神の側で私達のことを思ったらしい。
と同時にこのとき私達は日食のとき、屋久島の立神岩にいた。
すごいね。すごいね。繋がっている。


b0160957_12231332.jpg



私はここで温泉にはいることにした。
ここの温泉は混浴だ。
勇気がいるけど、
だれもいないので入ることにした。
お湯は真っ白、
悪性腫瘍にも効くらしい。
すごい温泉だ。


ここで朝握ったオニギリを食べた。
立神を見ながら。



家がまわりにあり、だれも住んでいない。
だれもいないのに、すごい視線を感じる。
いろんな存在がいるんね。


私は食べた後、
海に足をつけた。
きもちいい~~~ありがたい~~~



また南へむかった。


b0160957_1227105.jpg

森がステキなんだよね。
今回お世話になった車。民宿のご主人さんが貸してくれました。

道はまるでゴルフ場の中を走るゴーカートの道。
本当におもしろい。


私は湯向へ向かった。


温泉にまた入ろうと思った。

口永良部島温泉はすごいパワフルだものね。

b0160957_1229748.jpg




湯向の温泉に入る前に神社にご挨拶させていただいた。
光が出た。ありがとうございます。
ここはなぜか鳥の置物がたくさんあり、
鳥が祭られていた。
私もとりにご縁があるしね、ありがたいです。
やっぱり導かれたね。

そして温泉へ。

なんと1977年まではここはかやぶき屋根できていた。
写真があったのですが、凄すぎます。
それに今は普通の屋根ですが、
中はまだ昔の面影があって、
風情があるんだよね。
それにお湯はまた真っ白で湯ノ花がうかっでいる。。。湯ノ花って始めてだわ。
最高のお湯です。


このあと私はまた南へ向かった。


b0160957_12391732.jpg


車をとめて、うしろを見ると、
屋久島が私を見守っている、
『永田岳と国割岳』が良く見える。
すごいね、すごいね。


b0160957_12413159.jpg

鹿達も牛と一緒にいる。





このあとこんなに美しい景色なのに~
なぜか未来のことがいきなり頭をよぎり、
不安がきて、恐れが私の頭を支配してしまった。

なんでなの~~って感じだけど。。。


この島は感情がアップダウンになりやすいとあとで分かった。

自分の中の感情が表に出て、
浄化されていくって分かった。


私は神様に助けをおねがいした。



すぐ車をとめて、瞑想をして、草原の中で寝転んだ。

b0160957_12452098.jpg


さっきの恐れはどこかへ行ってしまって、
このあと、二度とその恐れは来なかった。

草原で寝転んだこと、瞑想したこと、
自分の感情に流されずに耐えることができたこと、
神様に感謝した。


シンギングリンをならした。


ありがとうございます。


b0160957_12485478.jpg

解放されたドライブ。
恐れが出て、それに逃げずに対応して、
浄化される。この上なく大地の神様に感謝した。
小さい頃、よく不安になって、眠れないときがあっと。
あの時の自分にこのことを教えてあげたいと思った。


自分という人間に向き合う事ができた。
すごい島だ。





民宿に帰って、
ゆっくりベランダでホットチョコレートを飲みながら読書した。
ここは昼間もゆっくりいたいところだ。

b0160957_12515645.jpg


民宿の奥様とお話した。
何故口永良部島だったんだろう?って話をきいた。

奥さんとご主人さんは東京からこられたそうです。
口永良部島に住んで37年。私が生まれた年にきたのです。
田舎暮らしが憧れでとりあえず、屋久島にきたが、
部族の島、
『諏訪之瀬島』のことをきいて、
行こうとしたが、船が出発してしまった。

そこで、『フエリー太陽』をみつけて、
どこに行くんだろうって聞いて、
口永良部島にたどりつき、そのまま住んでしまったそうです。
お二人さんはとても口永良部島を愛していた。


夕方夕陽を見にいった。

b0160957_1257529.jpg


美しいね~~~



そのあとは急いで小学校に行った。
交流会なのだ。


屋久島から太鼓と川柳の舞などがあり、
口永良部島は棒の踊りがあった。


太鼓はあの『屋久杉の大太鼓も登場』

ここは音が最高だ~~~

すごい響いていた。


b0160957_1304021.jpg



島の人達もきていただきました~~

b0160957_1314080.jpg



たみとりょうせいがかわいいのよね~~~

b0160957_135587.jpg




癒されるのよ~~~


b0160957_136378.jpg



2人へんがお かわいいよね。

2人のままは太鼓メンバーだよ~~~


b0160957_1385410.jpg

棒踊りも迫力満点~


b0160957_13102792.jpg

『祭り』という曲のときには地元のおじいちゃんや子ども達も踊ってくれたよ。


最後は益救神太鼓。。。
すごい迫力だったね。


みなさん本当にお疲れさまでした。


このあと、みんなで公民館でお食事。

伊海老がたくさん~~~~~~


私は朝からずっと頭痛に悩まされて、
もうピークにきていたので、
ご飯食べたらすぐ帰りました。


島のみなさん、美味しいお食事ありがとうございます。


このあと帰る途中道に迷いました~~~。。。。


明日はいよいよ山に登るよ。
by morino-tabibito | 2010-10-18 12:33 | ハッピー・ライフ♪ | Trackback
トラックバックURL : https://morinotabi.exblog.jp/tb/14234989
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。