全宇宙を、地球を、屋久島をこよなく愛す夫婦です♪ 屋久島はミラクルパラダイス!全てはひとつ、そして繋がっている。 Oneness を教えてくれた屋久島!ありがとう! HPはwww.moritabi.com 
by morino-tabibito
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
神奈川
ハッピー・ライフ♪
ビッパサナーの旅へ
白谷
縄文杉
映画
ヤクスギランドへ
四国の旅
南米日記
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
フォロー中のブログ
やくしま手づくり市
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

don't worry be hopi ! 屋久島ホピのワークショップ

5年前ホピに屋久島の水を送った。
四年前にはホピの村を訪ねた。
まさか、ホピのルービンが屋久島にくるなんて。

その日が来た。


私達はみんなを太鼓岩へご案内した。

『うしどこもいしょ神社』ではなおやがクリスタルボウルをならしてくれた。
私達もリンを鳴らしたあと、ホピのルービンは祈りを捧げてくれて、
太鼓をならし、歌も歌ってくれた。

私はルービンの歌声を聴き、
涙がいっぱいになった。

悲しくもなく、うれしくもない。
それは懐かしい思いでいっぱいだった。


神様にこのご縁を感謝した。


太鼓岩へはおよその23人の仲間が集まった。
このチラシは屋久島中にはったのに、
集まった仲間はみんな私の知り合いだった。
やっぱりみんなホピなんだね。


太鼓岩への道のり、
たくさんのお話をした。
企画者のたかしくんとともみちゃん夫妻もとてもステキでした。


沖縄のシャーマンとのご縁があり、
太鼓岩へ行くには大きな意味があるのだ。
それは『レムリアとアトランテイスの繋がりの場所でもある』
といっていたそうです。
本当はルービンもジョーダンもいるし、
もののけの森までのはずが、
『太鼓岩へいったほうがいい』ってことで私達は向かうことになりました。

そいえば、私は以前太鼓岩でお昼寝をしていたとき、
不思議な人達と建物をの夢を見ました。
シャスターのお客様にその夢の話をすると
『それはなおちゃん、まさにレムリアだよ。』

太鼓岩はアトランテスとレムリアの繋がりがあるところだということ納得した。

たかしくんがそのことをルービンに話したところ、
微笑むだけだったそうだ。


太鼓岩は私達をすごい力で引き寄せていた。
それはいままでの倍以上の力だ。


太鼓岩へつくこと、
霧だった。
風もない。


四年ぶりの登山のみっちゃんは頑張って登ってきてくれた。

天然村太一くんのデイジュ、
ルービンのお祈り。

いきなり晴れだした。

よく見えるようになった。

すごい!


b0160957_14124714.jpg





b0160957_14134479.jpg

大きな龍神たちはみんなを歓迎してくれるようだ。
ホピと屋久島が繋がる。


b0160957_1414446.jpg

主催者のたかしくんとルービンはまるで兄弟のようだ~~



ルービンのお祈りの歌がはじまった。



すばらしかった。

雲が踊っている、
龍神たちが踊っている。


ドランゴンフライ(トンボのこと)の大群がきたり、
蝶々まで飛んできた!

みんな喜んでいるようだ。
歓迎してるようだ。



そのあと、聖なる羽がみんなに回ってきた。

黒い羽は南米のはね、コンドルのはね。
白茶色の羽は北米の羽、ワシ。

コンドルはハートを現し、
ワシは頭。


私達は物質世界に頼りすぎてしまっているので、
つい頭だけが動いてしまう。
だから頭をハートに持っていく。
ハートがオープンになるのだ。
羽達はオープンハートを助けてくれる。


今回のツアーの名前は

『アナンダラバ』

それは『オープンユアハート』というホピの意味なのです。

ルービンの話によるとたくさんの浄化がもうすでに起きて、これからもどんどん起きるらしい。
だからこそみんなの繋がりが大切なのだ。
だからどんどんみんながオープンハートになることが大切なのだ。

オープンハートになることによって、
みんなが繋がり真の平和が訪れるのだ。




羽達を握ってみた。


ハートが暖かくなる。

b0160957_14242935.jpg



みんなどんどん繋がっていく。


帰りはみんなと話していく。


友人はルービンに質問した。


『頭とハートを繋がるのにはどうすればいいのか?。
どうすれば、もっと森と精霊と繋がることができるのか?』


ルービンは静かに答えた。


『それはみんなにスピリットにお願いすることです。
おねがいすることで彼らは助けてくれます。
そして信じることです。』



ルービンの話していると、
自然との繋がり、考え方が、
私はとても同感した。
そんな仲間に出会えたこと再会したことこよくなくうれしくなった。


帰りはみんなどんどんオープンになり、
お互い楽しく話すことができた。
このメンバーでいったのもとても意味があった。
お互いはじめての方もいたけど、
みんなみんな繋がったのだ。

ルービン、たかしくん、ともみちゃんに感謝です。


帰りは雨も降ってきた。
すごいね~~



午後からは私達は永田に向かった。
送陽邸に向かった。

『ホピの予言』をみた。

そいえば、私はこの映画をみて、
自分の誕生日の4の意味を知り、
自分の入場券が44番目だったことに驚き、
ホピとの深い繋がりを思い出し、
セドナへ、ホピランドへ向かった。



映画のアート、
みんなで自分のことをシェアーした。


先ほどのコンドルの羽を左にもち、
ワシの羽根をもった。

ルービンはまずは自分のことをみんなにシェアーした。

それはとても大きな傷だったけど、
そのことがあったから今になってはよかったと話していた。

ルービンはまずは自分がオープンになること、
それは相手もオープンになるのだ。

そして自分の話をするのはとても勇気がいるけど、
是非この機会をもって、みんなに話てほしい。
話すことによって、手放すことができて、
そしてみんなもその体験をきいて、
体験を経験することができる。



そして健太からはじまり。。。。


みんな自分の中にあるものを言葉として、
みんなにシェアーしていった。


話ながら泣く人もいたし、
聞いていて涙もながす人もいた。


みんなにメッセージなのだ。



私はまったく話すつもりはなかったが、
いきなり、手が勝手にあがった。


『はい!』

コンドルの羽を左につかみ、
ワシの羽根を右につかんだととき、
私は目をつぶって深呼吸した。



『私はブラジルに育ち、アメリカで過ごし、
小さい頃はみんなとちがうということでいじめらることがあった。
だからこの機会はとても私にとって素晴らしい機会だ。』

なんて自分のことを話そうとしたら、


全然ちがうことを話した。


声がかれていく。


『私は何か辛い思いや答えを見つけたいとき、森に入ります。それが夜だろうと朝だろうと。
その時、私はその疑問を森に問いかけます。時間はかかるときはあるけれど、
森はかならず『虹や彩雲や声や』いろんなサインを送ってくれます。 
森は昔、たくさんの人たちに伐採された。 だから私は森に入ることはとても罪悪感を感じていた。
だけど森はどんなに私達が森を傷けたことをしても無償の愛なのである。
私達にたくさんの癒しを与えてくれています。 森に入ることは自分と繋がり、地球とつながることができます。だから森はみんなに入ってほしいのです。森はみんなともっともっと繋がりたいのです。
だからどうかもっともっと自然の中、森へはいってください。』

私は何回も泣き、
声を出すのに苦しかった。


この思いを伝えたらとても楽になった。

ルービンは

『屋久島は本当にパワフルだね。僕はそれを昨日感じたよ。』と微笑んでいた。




すばらしいシェアーの時間になった。
みんなの前で自分の問題を話すのはとても勇気がいることだけど、
それはまさにオープンハートの時間なのだ。
そして頭とハートの繋がりをブロックするのは恐れなのだ。


恐れはイリュージョン(幻想)、なのだ。 ルービンは言った。




みんなとの時間過ごせて本当によかった。


最後はルービンは息子のジョーダンとともに、
私達のために祈ってくれた。


本当にありがたい!



夜は9時からは『カチーナを描こう』のワークショップだった。


b0160957_14535619.jpg



これがすごい楽しかった。


私は昔みた、森の中の見た『後ろに歩きをする小さいおじさん』を描いた。

b0160957_1532314.jpg


たのしいね。


6月にはカチーナのお祭りがある。
それは200人の人達がカチーナの姿となって踊るのです。
みんなが一つになるのです。
絶対に行くよ!
ホピランドには6月に行くよ、そう決めた。






夕ご飯はくみちゃの家で食べた。
おいしかったよ~くみちゃんありがとうね。

なおやとたかえの所でとまった。

今日の出来事のことで大興奮だった。


健太は朝の二時半までルービンの贈り物を作っていた。
私達はあまりの眠さに寝てしまった。


二時半にふと起きたとき、
健太の顔が喜びに満ち溢れていた。
作品は完成したのだ。

健太がはじめて作ったネイテイブアメリカンのフエザーアート。

b0160957_151385.jpg

一つは北海道の鳶のはね、
もう一つは屋久島の鳶のはね。


そのあとわかったことなのですが、
なんとルービンは今度は北海道への巡礼をしたいと話していたそうです。

この羽達が導いてくれるね。





私達は朝5時に起きた。


いはな浜へむかった。

b0160957_1551134.jpg


この光。すごいよね。屋久島の陰だそうです。 東の方向からは太陽があがっているからね。


b0160957_158797.jpg

聖なるお祈りなので写真はブログでは載せられないのですが、
すばらしかったね。


また涙が出てきたよ。


ジョーダンのイーグルダンスすばらしかったよ。
ルービンの声も涙が出る。


私はよく、手を天にあげて、
まさにイーグルが飛び立つように踊る時がある。
あれはイーグルダンスだったんだ~~って思った。


みんなのためにお祈りの踊りだった。
お祈りの歌だった。


最後は健太がフエザーアートをルービンジョーダンに贈呈した。
2人はうれしそうだった。


そのあと、健太の屋久杉、彫刻家のやくちゃんのコラボ、
屋久杉仏陀をプレゼントした。


b0160957_1514023.jpg

ルービンはかかえているものがあるので、
お守りとしてやくちゃんがプレゼンした。
ルービンとやくちゃんはとても仲良し。
やくちゃんははじめて仏様を彫った。
すごいよね。はじめてだよ。 やくちゃんの作品にはいつもびっくりされる。
本当に素晴らしい才能なのだ。

ルービンは感動していた。


最後にはジョーダンはインデアンフルートを吹いてくれた。


波が踊っているようだ。
波が喜んでいる。


ルービンは海のほうに向かった。


贈り物を海につけていた。
お祈りを捧げていた。


屋久島とホピが繋がった。


もうすでに繋がっていた。


私はそんな声が聞えた。



虹が水平線に出た。

b0160957_1519633.jpg

神様は宇宙はスピリットはみんなの祈りに答えくれた。

虹の戦士。



最後はまた雨が降ってきた。
神様が喜んでいるようだった。







ルービンジョーダン素晴らしい日々を本当にいくよ。
六月に会いに行くからね!
まっていてね。


たかしくん、ともみちゃん、やくちゃん、めぐみちゃん、
素晴らしいワークショップをありがとうね。
本当にありがたいよ。
ドネーションでこんなにすばらしいワークショップは本当に素晴らしいよ。
ありがとうね。ありがとうね。
屋久島も喜んでいるよ。



来てくださった、仲間たち、
本当にありがとうございます。

みんなと一緒に経験したこと、繋がったこと、
本当に私の宝です。ありがとうございます。!

どんどんオープンハートになり、どんどん繋がっていくよ。
まずは自分からオープンハートだ!
それは波紋のようにどんどん屋久島を地球を宇宙をつつんでいく。

明日は宮之浦岳へ。
このエネルギーを屋久島の神様に運ばせていただきます。


ありがとうございます!




みなさんの近くでもホピのワークショップがあるよ。
by morino-tabibito | 2010-09-28 15:39 | ハッピー・ライフ♪ | Trackback

龍神杉、太忠岳へ。

この2日間、北海道のたかゆきくんと過ごした。
はじめての屋久島、
彼は龍神杉に呼ばれた。

雨の中龍神杉を目指す。
坂がかなりの心臓破りだった。

森はとても美しい。
もちろんこの広大な森は私達だけだった。


b0160957_9484697.jpg

やっぱり龍神杉は大きいわ。


私はお弁当を食べたあと、
一人の時間、森との時間をもうけた。

森を散策していた私。

b0160957_9511974.jpg


たのしい~~なんてステキなんだろう、この森は


ありがとう~~~って心の中で唱えていたら、

深い霧の森に光がはいった。


b0160957_9533099.jpg

魔法の時間。
ありがとう~~~~


b0160957_9544486.jpg

私たちは龍神杉にお別れを言った。
また会いにくるよ!ありがとう。
私達は森を下った。


たま~に後ろを振り返ると、
苔むした森が美しい。

b0160957_9564167.jpg


私達は声をあげた!
『美しいね~~~』

私達もすっかり浄化されてしまった。
全てにありがたい気持ちになっていた。


b0160957_9585237.jpg

光はまた出てきた。
私達と一緒に遊んでくれた。


b0160957_100952.jpg

光、森、水のシンフオニー

本当に美しい森。
今日もありがとう~~~~


次の日、私達は太忠岳へ向かった。

雨上がりの森。
全てが美しい。
あるがままの森。


朝日の光が私達に合図をした。

b0160957_10507.jpg

いっらしゃい!楽しい森歩きの始まりだよ。


b0160957_1071185.jpg

光に包まれる森。

また素晴らしい一日になる。



太忠岳では霧がかかっていたが、
時折太陽も姿を見せてくれた。

b0160957_1085114.jpg

私達をご飯をたべてお昼寝をした。

本当に気持ちいい~~~
最高の昼ねになった。



11時丁度にはある女性が登ってきた。

私ははじめて合った気がしなかった。
いろいろ話し変えてみたら、
熊本からいらして、
おねえさんが屋久島に住んでいるそうです。
そのおねえさんは屋久島のとある病院の歯医者さん。

私はまだおねえさんにお会いしたことはなかったが、
おねえさんの評判はきいていた。

妹さんにお会いしてよかった~。


この夜はあるシンクロに気づく。
健太と話して、判明した。

健太はこの日歯医者の予約をしていた。
だけど、いつも先生はいらしゃらかったので、
なんとお姉さんの先生にはじめて歯を見てもらったのだ。
それもなんと予約は11時なのだ!

すごすぎる! 私は妹さんに太忠岳にあい、
健太は歯をおねさんにみてもらっていたのだ。
同時刻。
同じ瞬間なのだ。

だから私は妹さんにとても親しみをおぼえた。



その夜、
遊びに来たトニーの妹のスージが言っていた。
最近は19番目の孫さん(スージは子供がおおいのだ。孫もおおい、すごい!)が生まれたのだ。
それもいろいろ話していくと、なんとあの子亀たちにあった日だった。
それもなんと同じ時刻だった。
スージの孫さんと子亀たちが孵化した同じ日、同じ時刻。
なんてすごいシンクロ。
メッセージだね。

このごろシンクロは国境をこえて、
時間をこえて私達に教えてくれる。
神業だね。


私は歯医者さんに行くわ、今度、
検診うけます。ずっと気になっていたのでね。


b0160957_10224920.jpg




私達は天文の森お昼寝をした。
きもちいいね~

大好きな釈迦杉の前でのお昼寝、
たかゆきくん、よかったね~~

b0160957_10251049.jpg

たかゆきくんの笑顔には癒されたよ。
屋久島もたかゆきくんに会えて喜んでいたね。
本当にありがとうね。
また一緒に森の中をあるけるのを楽しみにしているよ。
ありがとうね。


森の中でメッセージ。


『全てありがたままを受け入れること』
それが最高のキーなのだ。
ジャッジするととても苦しくなる。
ジャンジではなく、自分とつながり、
全てをあるがままに受け入れる。
もしジャッジするかんがえがおきても全ては川のように流すことが必要。
なにも反応しない。ただただ自分の感情を観察。
あるがままに。
それが自分に繋がるキーとなる。
宇宙の繋がる扉なのだ。


神様ありがとうございます。
屋久島、地球ありがとうございます。


太忠岳へ行くとモグラの穴をたくさん発見。
そして太忠岳ではイタチにも会いました。

これは雨になるサイン。

週間予報はずっと晴れなの。。。
そして帰ってきてみたら、
やはり今週は雨になる予報。
動物達は教えくれる。ありがとう~


龍神が集まる時間。

明日からのホピのワークショップは龍神に縁のあるひとたちが集まりそうだ。
森が一番元気なときに、
ホピとご縁がある人達とあるける。
楽しみだ~~~~~
兄弟、姉妹にあえるのだ。


この夜遊びにきてくれたキャルと話した。
キャルの血はチェロキー族の血が流れている。
月が輝く下でたくさんのことを教えてくれた。
儀式について教えてくれた。
マザーアース、フアザースカイ。

ホピへと繋がる。


ありがとうございます。


屋久島ホピのワークショップ9月27日28日


みなさんの近くでもホピのワークショップがあるよ。


b0160957_10422723.jpg

by morino-tabibito | 2010-09-26 10:43 | ハッピー・ライフ♪ | Trackback

子亀祭り~~

今日は久々にリラックスデイにすることにした。

午後から大好きなビーチへ。

大好きな人達が偶然いた。
さすがだ。。。

トニースージーキャロルだった。

みんな大興奮の様子。

『子亀が出てきたわよ~~』


この瞬間また子亀の孵化だったのです。


それもまたこんなに昼間に。


今年はよく昼間の孵化に会います。

b0160957_9495526.jpg



みんな顔を出しているよ~~~


このまま一匹だけ、出て海にむかった。
あとはみんな顔を出していた。。。
待っているようだ。。。休んでいるようだ。
もうかわいいのよ~


私はこの間、
観音さまにご挨拶して、
海に浮かんだ。
青い海に浮かぶ。
なんて気持ちいいんだろう。
このごろ忙しすぎてね。
身体の力がどんどん緩んでくる。

スージーキャロルの所にいったら、
子亀、36匹の大群が海にむかった~


b0160957_9535127.jpg

みんな海にはいり、
5~6年かけてアメリカへ、カリフオルニア半島へむかう。
まさにスージとキャロルが住んでいるところだよ~~

b0160957_956046.jpg

いってらっしゃい~~~30年後に会いましょう~~~かわいい子亀たちよ~~


b0160957_9581939.jpg

ありがとう~~~~~ あえてうれしかったよ~~~


b0160957_9594564.jpg


トニーとスージ。なかのいい兄弟。本当にステキで~もう大好きよ~ トニー、スージはアメリカのカリフオルニアからやってきたのだ。まさに小亀達がいくところへ。


b0160957_1012465.jpg

私達はこのあと、よっこへむかった。
大好きな沢だ~
ここでも大好きな仲間にいった。
ショウヘイがいたのだ~~~

健太は大きな屋久杉をgetした。


b0160957_1032241.jpg

永田岳が近くに見えるときは雨が降る合図なのだ。
湿気が山を近くに見せてくれるらしい。
永田岳がよ~~く見えて、本当に美しいのだ。


b0160957_1052688.jpg

くみちゃんのところへ遊びにいった。
久々にくみちゃんにあった。
はなもかわいいんだから~

ミュミューもお昼中。

b0160957_1064061.jpg

きもちいそうだね。


b0160957_1074929.jpg

ここから見える夕陽も最高だ~~~


くみちゃんの赤ちゃんも元気そう~

今度は是非レイキをさせていだたくわ。



このあと私達はのぶこの家へ水を汲みにいった。

ノブ子にあったのは久々だった。

そして夜ご飯は簡単なパスタを私は作り、
一緒に食べた。
一緒に夕食を食べるのも久々で楽しいね。



月が素晴らしく美しかったよ。

海がよく見える。


私達は家へ向かって、
健太とDVDをみた。

最近はまっているのは、
アメリカのドラマ番組、
『jericho』なのだ。
ロストが好きな人は絶対にこのjerichoも好きなはず。


あらすじ『ある日突然、アメリカ合衆国の主要23の都市が何者かの核攻撃で壊滅してしまう。

カンザス州にある小さな田舎町ジェリコ。市長の息子であるジェイク・グリーンは、たまたま家族や友人を訪ねるために帰郷していたその日、この大災害に見舞われる。壊滅した世界においてジェイクとジェリコの人々は生き残るために奮闘する。』


これがね、またいろんなことが起こり、みんなが一つになっていくのよね。

ほのぼので泣ける。。。


全ての出来事はみんなが一つになるため。


今日は満月だね。
それぞれの空でもみんなと一緒に同じ月を見れるのはうれしいよ。

みんなのことを思うよ。


ありがとう~


ステキな満月を!


屋久島ホピのワークショップ9月27日28日

みなさんの近くでもホピのワークショップがあるよ。

by morino-tabibito | 2010-09-23 10:23 | ハッピー・ライフ♪ | Trackback

龍神杉へ

今週はお客様をお連れして龍神杉にいくため、
ご挨拶をするため一人龍神杉に会いにいった。

久々の龍神杉。
6年前の私のバースデイ以来だった。

看板もあり、
すごいわかりやすなってきた。

私は龍神の森が大好きだ~
最初のこの森が一番好きだな~
苔もすごいしね~~

b0160957_7484914.jpg


ここのお水は最高においしい。

祠があり、祝詞をあげた。
きもちいい~~~


このあとはずっとのぼり。
すごい汗をかく。
これでもか!!!って汗をかく。

いろんな思いが頭を廻る。
昨日今日、未来のこと。
まさに浄化。。。。


そしてどんどん頭がクリアになっていく。


森歩きや山登りはやっぱりすごいと思う。

なぜ、坂が続くかがわかった。
それはまず、自分を浄化して、
クリアにしてから、
山の頂上の波動と同じ波動になるため。
同じ波動になるにはまず、自分を浄化、
不要なものをどんどん手放すことが必要なんだね。


雷神、風神、が迎えてくれた。
私には仁王像にみえるよ。


そして龍神杉に会うことができた。

b0160957_881150.jpg
青い龍がみえた。

『お久しぶり』

私はお祈りをあげた。

そして樹の下でリンをならし、
歌を歌いたくなったので、
歌ってみた。

チョロキーのアメージンググレイスを歌うことができた。

ここは喉チャクラがクリアになるね。


龍神杉への歌メッセージも歌ってみた。

『私を呼んでくれてありがとう。 あなたにあえて、幸せだよ~』


b0160957_8101057.jpg
龍神杉の顔をみつけた。私と目があうのよ~


この一ヶ月間いろんなおもいがあった。

私は自分のパターンに気づいた。


私は小さい頃から目標を定めると、
それに全速力でいった。
人を頼らず、自分でやってしまいたくなるのだ。
これが一番楽だと思っとおもったが。。。。

もっともっと人に頼って、
自分ひとりではできないことをみんなで作り上げていこうと思った。
みんなでやればすごいことになる!
神様からのメッセージなのだ。
b0160957_813218.jpg

そしてもう一つ。
ある出来事で自分の力不足に自分を責めてしまった。
だけど、あとでなっていみると、私には関係ない事情があった。
私は小さい頃責任感がとてもあり、まじめだから、
それがとても負担になり、うまく行かない時は自分を責める癖だった。

うまくいかないときはなにかすばらしいことのはじまり、
自分を絶対に責めないで。
責めてもなにもないし、自分の力が下がるだけ。
こいうときがチャンス。
自分を責めず、なにか素晴らしいこと、
一つになることのサインだと思うようにしよう!

b0160957_8151020.jpg

龍神杉への道のりはたくさんのメッセージをいただいた。


そして

『ありのままの自分でいること!』


それが一番なのだ~~~


ありがとうございます!

森の一人歩き、自分との内側の対話よくできて、
本当にみんなの声がよく聞えたよ。
ありがとうございます。


帰りは8人もの人に会い、
龍神杉は雑誌で有名になっているみたいだね。


帰りは沢で瞑想をした。


b0160957_855211.jpg


最高の癒しだ~




帰りは汗だくの私は大好きな沢にじゃぼん!


b0160957_817714.jpg



もう気持ちよくぎて思わず叫んだよ!

『ありがとう!!!!!最高!!!!!!』



宮之浦の龍神。
やっぱり大好きだよ~~~

ありがとうございます。


夜はトニーとトニーの妹のスージ、その友人のキャルとお食事をした。

スージは精神キャンセラーをしている。めちゃくちゃ寛大。
パワフル。

キャルは大好きなサンタフエに30年も住んでいた。
なんとシェリルクローの友人でもあり、
ステキなインデアンの絵を描き、
パーマキャルチャの先生もあるのだ。


この三人の話していたら、
もうね、話がつきないのよ~~~


こんなに離れているのに、
全てが繋がっているのよ。


私達アートに対する思い、
キャルは同じこを言っていた。


素晴らしい出会いだった。


ありがとう~~~~トニーみっちゃん、2人が繋げてくれたよ。

アメリカにも行くよ!キャルのシャスターに行くよ!

b0160957_8241579.jpg







今朝の朝日の写真は健太とってくれました。






b0160957_826917.jpg
この雲魚みたいだね。


b0160957_8273772.jpg
入道雲もピンク!





b0160957_82927100.jpg


屋久島万歳! 地球万歳だね! 今日もみなさん素晴らしい一日をね!
いつもありがとうございます。

屋久島ホピのワークショップ9月27日28日


みなさんの近くでもホピのワークショショップがあるよ。
by morino-tabibito | 2010-09-22 08:39 | ハッピー・ライフ♪ | Trackback

子亀~縄文杉~太鼓岩お昼寝~益救神社手つくり市ありがとう~~

徳島の『屋久杉のワークショップ』で出会った、
かおりん。 
はじめての屋久島をフルマラソン完走者のお母さんと遊びにきた。

この日は島巡り。


サルカワのガジュマル~ステキだね~~~

b0160957_1236010.jpg




かおりんは森が大好きだ~~~~


森のガジュマルも喜んでいるね~~~



このhoNUに寄った。
お店のあっこちゃんはとてもステキなサーフアーフラガール。
お店もとてもステキななので屋久島にくるときは是非寄ってみてね~
絶対に買っちゃうよ~~~ 
ハートの波の写真がステキなの~~


そのあと大雨と雷が鳴り響いた。

かおりんは。

『なおさん、龍神サミットだね』


車に走っていると目まえの森すぐちかくに何度も雷落ちてきた。

すごいね!

本当だね!

まさに龍神様サミットだね。


みんな集まっているんだね~~~~



大川の滝も雨だったが、
雨具をきて滝つぼまでいった~
気持ちいいんだよね~~~



西部林道をあるきたかったが、
大雨のため、私達はいなか浜へいた。
それがとんでもないステキな事に繋がった~
やっぱり神様すごいわ~~~



2人は小降りのいなか浜を歩くことにした。
私は車で待っていた~
『ゆっくり散歩しておいでね』

20分後、 砂浜にカラスが集まってきた。

もしゃ!!!!!!!!!


そして走っていくと、
砂浜にたくさんの子亀が!

b0160957_1635310.jpg


うわ~~~~~~

2人を探したら、
2人はもうすでに子亀を写真にとるのを夢中になっていた。
すごいね。すごいね。


雨のおかげ、
砂浜の温度はさがり、子亀は夜だと思い出てきたのです。


私達は子亀を海まで見送った~
b0160957_16281959.jpg




がんばれ~~~


子亀たちはアメリカへ、カリフオルニア半島まで5~6年かけて行き、
そこで暮らし、30年後にこの浜に帰ってくる。
確立は5000分の一。

b0160957_16372596.jpg




また会えるね~~いってらしゃい~~~


そのあとは矢筈神社神社、住吉神社、益救神社、そして楠川温泉によった。


なんと友人のともちゃんに会えることができた。
彼女は次の日は島を出る日だった。
神様ありがとう!毎回すごいタイミングで人に会える。
彼女の幸せそうな顔をみて私もうれしくなった。
ありがとう、ともちゃん。


かおりん、おかあさん、
今日は龍神サミットから子亀に会えたね。
本当に全てが自然の流れに乗っていたね~
2人のエネルギーだよ。
ありがとうね。また会いましょうね~~~~


次の日は縄文杉へ。


ひろえちゃんとだいちゃんと縄文杉へ。
はじめてあったとは思えないこのふたり。
もう話が盛り上がる、盛り上がる。
とても深い縁も感じた。
そしたら、なんと今読んでいる本が同じだった!
すごいね。
あまりにも2人と話すのがたのしいので、
私も森の写真をとるのをわすれてしまった。

今日も縄文杉はとてもパワフルな気を放っていた。
みんなハイテンションだった。

帰りの森の一人時間は私は大好きな杉に会えることができた。
そこでリンをならし、とても幸せな時間を過ごせた。
屋久島の森ってこの杉たちってなんて素晴らしいんだろう~~^
もう大好きよ~~~

私は車酔いをよくするので、
縄文杉は今年はあまりいかないようにしている。
だけどどうしてものときは頑張って行っています。
行きと帰りのバスはまさに瞑想状態でいるようにしています。本当に修行です。
バス酔いに頑張っている、自分を褒めています。。。
ありがとう~~ってね。


ひろえちゃん、だいちゃん、
本当にありがとうね。
2人のこと大好きになりました~
また会おうね~ありがとうね~~~~




次の日はくにえちゃんと太鼓岩へ目指した。
くにえちゃんは太鼓岩往復と短いコースのため、
私とのツアー

高知で出会ったさえちゃん、
徳島のリピータのみーちゃんとダニーは健太とのツアーだった。


なんとこの『森旅』のお客様全員四国からだった!
四国のお客様はそんなにいないのに~
それにすごいのが数日前のかおりんも徳島から!
すごいね。すごいね。
四国パワーだった。



くにえちゃんとの森歩きは、
2人とも静かになり、森を感じてあるいた。

b0160957_16504737.jpg

光がきれいなのよ~~~~


もののけ姫の森では人はいません。
精霊さんがたくさんの葉っぱを降らせてくれました。
まるで私達を歓迎しているよう。


b0160957_16532248.jpg



この時くにちゃんは体力しだいではここから戻るはずが、
『もっと歩きたい!』って強く話してくれてね。
私達は太鼓岩へ目指した。


貸切の太鼓岩。
私達はお昼寝をした。
およそ45分間のお昼寝だった。


本当に気持ちかった~

そのあとはすっきり~~


b0160957_1656986.jpg



きもちかったね~くにちゃん~


私達はそのあと森へ行き、
一人の時間を過ごした。


これがまた気持ちいいのよね~

森との対話の時間なの。


b0160957_16584454.jpg



くにちゃん森からたくさんのメッセージをいただいたね。
本当にありがとうね。
また一緒にあるこうね~~~~
また会えたなんて幸せだよ~~~



次の日は益救神社手つくり市でした。

またまた素晴らしい出会い、
素晴らしい一日になりました。
本当に感謝です。
ありがとうございます。

手づくり市のあとは出店者とのお茶会でした。
みんなおいしく食べながらの話会い。
とてもいい話し合いになりました。
みなさんのご意見も本当に参考になりました。
私達四人だけでは出ない意見もあり、
本当に参考になりました。
ありがとうございます。

手づくり市をやって、
アーテイスト同士はお互いの作品をみて、とても刺激になるそうです。
そしていろんなアイデアが浮かび、ヒントが生まれます。
私もそうです。 本当に楽しくになります。


そして手つくり市がだから出会う縁があります。
みんながどんどんつながっていきます。
屋久島中、世界中にどんどんつながっていきます。
子ども達もたのしそうにいつも遊んでいます。
子ども達の世界でも新しい友達の輪が広がっています。
すごいね。すごいね。

私もなんどかくじけそうになって
泣いたときもありました。
だけど、今回みんなの笑顔、意見、はげましをきいて、
勇気ずけられました。どんどん手つくりいちをやっていきたいと思いました。

みんなどんどん繋がっていく。

島の人、外の人、関係なく、みんなが繋がっていくのです。
そんなに場になってくれたらいいな~~て思っています。


みんながいるからできること。
本当にみなさんありがとうございます。
神様、ステキな一日を手つくり市をやらせていただき本当にありがとうございます。

次回の益救神社手つくり市は
10月17日です。
よろしくおねがいします。

ありがとうございます。
b0160957_17165248.jpg



第六回益救神社手つくり市のご報告。是非みてね~
実行委員長の健太が益救神社手つくり市の主旨を書いてくれました。


『手作り市』の主旨について
現在、屋久島には、たくさんのアーティストの方々がいます。(人は、本来皆がアーティストなのだと思います。)
そして、屋久島には素晴らしい自然が残されており、そのエネルギーによって様々なインスピレーションを受けることができます。自然は、アートそのもの。人は、自然が与えてくれるものに少しだけ手を加えるだけで、素晴らしいモノを作る才能に恵まれました。それが、この地球における人間の存在理由の一つなのではないでしょうか。
そういう環境の中で、各自がユニークな個性を生かし、アートを表現できたなら素晴らしい世界を築くことができるに違いありません。その方々の作品の発表の場として、『手作り市』を催していきたいと考えております。
『アート』とは、愛情表現の一つだと考えられます。周囲の人々に対する感謝や、どれだけその人が好きであるかということは、アートによって上手に伝えられます。歌が上手な人、絵を描くのがうまい人、料理が上手な人、踊りがうまい人・・・自分の身体を使って表現すること全てがアートです。これまでの社会において、アートは、評価・批評の対象とされてきました。絵を描くのがへた、歌を歌うのがへたと評価された結果、それらの手段を行うことに劣等感を抱いてきました。さらに、その行為を続けることに拒否反応があらわれます。自分の好きな方法で、自己を表現し、そして周囲の人々に理解してもらう。それが『アート』なのです。
時には、自分自身さえ理解できないことがあります。見えない心の部分を表現するのに言葉だけでは不十分なのです。
それを得意な能力を使い表現すること。そこで『アート』を通して、自分を理解でき、さらに周囲への共感や感動を与えることができまるのです。
世の中の争い事は、ほとんどが誤解から生じています。その理由が、言葉による相互理解の欠如。言葉だけでは、お互いの気持ちを理解することはできません。人は、その人のアーティスティックな部分に触れ、より理解が深まるのです。人の持つアーティスティックな才能が開花する時代がやってきています。周囲の眼を気にすることなく、自己を解放することにより、本当の『自由』を得ることができます(ただし、周囲の人へ迷惑をかけてはいけません)。
 屋久島に住んでいる人々が、自由に楽しく自分を表現する場として、『手作り市』が定着することを願っております。
月に一度、島外者、島内在住者問わず、老若男女が気軽に集える場として・・・
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
『手作り市』のもつ『フリーマーケット的要素』
現在、残念ながら屋久島には、あらゆるモノのリサイクル施設がありません。各家庭で不要になったモノ達は、即ゴミとして処分されていっています。いらなくなった本、服、電化製品、器などなど、それらを本当に必要とする人達へ上手に手渡すことができたなら・・・ゴミも減り、出費も減ります。そういうある種の『物々交換』の場としても、『手作り市』が役立てば良いと思っています。
 現代人の家は、物であふれています。果たして、本当に必要な物は、身の回りにどれだけ存在するのでしょうか?
それらのモノ達も使われるために生まれてきたはずなのに・・・そこで、行き場の無い不必要とされたモノを、本当に必要とする方々の手元へ届けたい!と考えました。実際にモノを作った人や、持っていた人に触れることにより、モノに対する愛着もわいてきます。モノを大切にしようという気持ちが芽生えます。何よりも人との出会いにも喜びを感じられます。今の社会に欠けているもの、それは人と人との『繋がり』です。都会では、それが希薄になったがために、様々な事件が起きています。屋久島においても、地元と移住者との間に確執があると思います。それは、単にお互いを知らないわけで・・・知り合う機会もありません。『手作り市』が、そういう人々との『縁』を深く繋げていければ幸いだと思います。                                手作り市の会代表:髙田健太


出店者も大募集ですよ~~~


b0160957_17183645.jpg



屋久島ホピのワークショップ9月27日28日
by morino-tabibito | 2010-09-20 12:42 | ハッピー・ライフ♪ | Trackback

セドナ:奇跡の大地へ」写真展 

高知では写真家の桐野さんに出会いました~
本当にステキな面白い方でした~
大好きです。

是非見に行ってくださいね~
セドナのめちゃくちゃ写真素晴らしいですよ~
桐野さんにも会えます。


マイミクNANAさんとのコラボで出版「セドナ:奇跡の大地へ」講談社の写真家・桐野伴秋氏の写真展が開かれています。

ぜひ、いらしてください。



http://kirinotomoaki.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/tokyo-ba9f.html

桐野さんのHP: http://www.kirinotomoaki.com/

b0160957_19203829.jpg




9月写真展 桐野伴秋の世界 「セドナ:奇跡の大地へ」開催です。

◆会場:アイデムフォトギャラリー「シリウス」 東京メトロ丸の内線「新宿御苑前」駅下車 徒歩2分
◆日時:2010年9月16日(木)~22日(水) 10:00~18:00 (日曜休館・最終日15:00まで)
◆イベント:オープニングパーティ 9月16日(木)18:00~ ブログをご覧いただきました方も是非お越し下さい!
◆ギャラリートーク 9月18日(土)14:00~&15:00~  会期中は私(NANAさん)も会場におります。皆様とお会いし、素敵な時を共有できます事を心より楽しみにしております。北アリゾナの魅力を私の作品を通して桐野伴秋の世界感と共に感じて頂ければ幸いです。皆様のご来場を心よりお待ちしております。お気軽にお立ち寄り下さいませ!                                               
<お問い合せ> 
アイデムフォトギャラリー「シリウス」 
℡03-3350-1211 www.photo-sirius.net
by morino-tabibito | 2010-09-17 19:21 | ハッピー・ライフ♪ | Trackback

奇跡の出会い

昨日はゆうちゃん、たえちゃんと太鼓岩へ。

駐車所で虹に会えました!
b0160957_9273435.jpg

最高!!!!うわい!!!!!
みんなで大喜びだ~~~



早朝だったので人ほとんどいません。
森のエネルギーも高く、
本当に気持ちいいね~~~

太鼓岩についたときだれもいなかった。

b0160957_9292114.jpg

寝転んでみんなで雲をみたりした。
なんて静かな時間なのでしょう。

b0160957_9301933.jpg

気持ちよくて~飛びたくなるよね~~ジャンプ!

b0160957_931954.jpg

そして数秒後、厚い雲からなんと宮之浦岳が見えた!
うわ~~~~屋久島の神様が顔のぞかせているよ~~~
みんなで大喜びだった。


帰りはたくさんの鹿さんに出会えた。

この苔むした森の中であるく、
鹿さん。

b0160957_933463.jpg

本当に美しいね。 
ありがとうございます!


ゆうちゃん、たえちゃん、天使のようなお2人と歩けて本当に楽しかったよ。
2日間本当に良く頑張ったね。ありがとうね。
おかあさんも次回は是非一緒に太鼓岩まで行きましょうね~
ありがとうございます。



もののけの森あたりで
『なおさんではないですね?』
って尋ねられた。
なんと去年、光になったともちゃんのお母さんだった。

この数日に屋久島にきていることを聞いていたが、
仕事でお会いできなかったので、とても残念に思っていた。

しかし!森で会えることができた。


『太鼓岩はともちゃんがおかあさんに見せたい景色です!是非行ってみてくださいね!』

ともちゃんを感じた。 
ともちゃんがいるよ。


『ともちゃん一緒にいますよ。』


お母さんとは何度もハグした。
お母さんは泣いていた。
私も泣きそうになった。



全てのタイミングがあったから
この瞬間にお母さんに会えることができた。
もし時間が少しずれていたら、
きっと私達は会えなかったでしょう。
ともちゃんがあわせてくれた。


最後にまたハグして、
もののけの森へ行く、お母さんの姿をずっと見送った。
お母さんのうしろにはちゃんとともちゃんがいたのだ。
『なおさん、ありがとう』
そんな声が聞えた。
こちらこそありがとうだよ。ともちゃん。

私はなんともいえない幸せな気分になった。
ともちゃんからのギフトだった。


本当に奇跡の出会い。
ともちゃんありがとう!
愛するひとはあなたの側に必ずいます。







森のあと、
私は永田へ『手つくり市、ホピのワークショップ』のチラシを配りに行った。

帰りはいなか浜、一湊の海に入り、
最後は大好きな宮之浦川にはいった。

森、海、沢。最高のコンビネーション。
私の身体の細胞が喜んでいる。

屋久島のエネルギーが私の身体の中に入る。
ありがとう、屋久島。
ありがとう、地球。

今日も素晴らしい一日をありがとう!

b0160957_9422591.jpg





9月19日は益救神社手つくり市の日


屋久島ホピのワークショップ9月27日28日です。
by morino-tabibito | 2010-09-14 09:47 | ハッピー・ライフ♪ | Trackback

新月から~ ありがとう翁杉さん~ロケット発射!

新月からたくさんのことが起っています。

9月8日新月


ミキシーで『ホピの長老のメッセージ』を載せたら、
自適さんからコメントをいただいた。
『8日の日、矢筈神社へ』

私はなにが起るかよくわからなく、
矢筈神社へ行った。

町長さんも議員の方もいらして、
『矢筈嶽神社石碑建立』も儀式だった。
この石碑には『夢と志のある日本』と書いてあった。
屋久島、日本、地球にとって、
この新月の日に新しい始まりだった。
全てはいい方向にいくために!

『東経130度30分のライン』この矢筈神社から、北へ一直線に、開聞岳(開聞神社)- 芦北- 宇土- 玉名- 久留米(水天宮)- 大宰府(天満宮)- 宗像(宗像大社)と続き、
南は、屋久島青空高校、そしてなんとさらに南はオーストラリアのエアーズロックにも繋がっていると。。。



b0160957_9242661.jpg


自適さんの日記から。



自適さん、呼んでくださってありがとうございます。素晴らしい儀式に参加することができたこと、
とても感謝しています。
ありがとうございます。


儀式の後は雨がふった。
『神様が喜んでいる』と私は確信した。
ありがたいです。

その後は私は海や沢に入った。
新月の海と沢は格別だ!
まさに自分をパワーアップしてくれる!
ありがとうございます。

9月9日。


いくちゃんと黒味岳へ登る。

木漏れ日が美しかった。

b0160957_823784.jpg



この光は私達をおもっきり浄化してくれる。

b0160957_92784.jpg

ありがとうございます。鳥の声もステキ~~


b0160957_844146.jpg

いくちゃんも元気だね!


b0160957_853675.jpg

黒味岳へ向かう!


そして霧がどんどんやってきたが、
ギリギリセーフで頂上につく。

なんとここは『羽あり天国』
はねありの大群がすごかったよ~~

b0160957_865515.jpg


この時期ははねありによく合うんだよね~~

b0160957_884486.jpg

いくちゃん!!!!~~~


私達ははねありの少ない下の岩でご飯を食べて、
お昼寝をした。


ここでは夢をみた。

太陽の夢だった。

なんて美しい太陽だったのか。。。

神様だったんだね。

ありがとうございます。


途中大好きな友人いっちゃんにも会えた。
友人と頂上で会えるのは最高にうれしいね~
ハグをした。


b0160957_810937.jpg

花のエゴでは鹿さんたちがいる中、私達はまたお昼寝をした。

b0160957_8113448.jpg


これがまた気持ちいいんだよね~~~
鹿さんたちもランチをしていた。


いくちゃんと楽しいお喋りをして、
最後は美しい淀川の沢で足を冷やした。


b0160957_8131711.jpg


美しい沢なんだよね。



b0160957_8151190.jpg

いくちゃん、楽しかったね~
本当にありがとうね。大好きだよ~~~~~


9月11日

くみちゃん、さやかちゃん、ともちゃんと縄文杉へ。
今回は二回目の屋久島!
また会えるなんて本当にありがたいよ~~


b0160957_8163211.jpg

この光が私達を一揆に浄化してくれる!
ありがとうございます。 森さん~みんなありがとう~~~~






b0160957_8182989.jpg

大好きな翁杉が倒れてた。
2000年が倒れていた。


屋久杉の匂いがすごい。

私は言葉を失って、
なきそうになり、翁杉のねっこをさわって、
『ありがとうね、ありがとうね、』とお話。
ねっこだけ触るとまだ生きているようだった。


『全てが一つになるため!』
そんな声が聞えてきた。

『大丈夫だよ。全ては一つだよ。』

そんな声が聞えてきた。


まさにあのホピの長老の言葉と同じだった。


健太は前日に翁杉を通ったとき、
あるお客様に
『この屋久杉はいつ倒れるのですか?』
と質問された。

健太は『それはいつかわからないけど、
2000年も生きているので私が生きている間に倒れるのを見れるとは限らないね』
なんて話していたそうだ。



何が起るかわからない。



翁杉は教えてくれた。


あたりまえにあるもの、
私達はずっとあると錯覚してしまうが、
永遠なんてないのだ。
形あるものはいつか必ず消える。


それが自然の、命の循環だ!
生があるから死がある、
死があるから生がある。
死を拒否することは生を拒否することと同じ。



だから『今』を大切に生きなさい。
今あるモノ全てに、
命に、
友人に家族に感謝しながら行きなさい!というメッセージを翁杉は教えれた。


大好きな翁杉からのメッセージだった。



そしてくみちゃんが引いてくれた『神様カード』に翁杉、
森から宇宙からのメッセージが降りてきた。


天之御中主神のメッセージ


私は在りてあるもの、無くてないものです。 そんな小さな場所にいて、息苦しくないですか。
そこから飛び出しなさい。 怖れは不要です。 私の中には、上と下、こことあちら、これとそれはないのだから。 現われるもの、去りゆくもの、みな私の中を回っているだけなのだから。


人も動物も樹も物も、みな来ては去っていきます。別れること、失うことは、こころに深い痛みをもたらします。
でも天之御中主神は、時空という概念さえも幻想なのだと教えてくれます。 私達はみな同じところを廻り、
再び出会えるのだから。

痛みは気づきをもたらしてくれる道しるべ、その道は光明へつながっています。 光明、つまり、天之御中主神ご自身とつながる道です。 注意深くまわりをみてください。 身近に、気づきのためのメッセージが用意されています。


『そしてなんと! 今(9月12日)にわかったことなのですが。。。
天之御中主神のカードを引くまえ、
ともちゃんは塩椎神を引いた。
なんと塩椎神は『日本書紀』では塩土老翁なんです。
そして新聞でわかったことなのですが、
倒れた翁杉の由来はなんと塩土老翁なんです。

最初に引いたカードが塩椎神そしてその後が天之御中主神だった。

すごい繋がっているよ~

やっぱり翁杉からのメッセージだったんだ~

確信したよ。 ありがたいです。翁杉大好き!ありがとう!!!!』







私達四人はこのメッセージを受け止めた。
この日みんなで翁杉が倒れたのをみたのは偶然ではない。
メッセージなのです。
そしてまた会えることを確信した。
帰りは翁杉の根っこにさわり、
『また会えるね、ありがとうね、翁杉さん』と言える事ができた。


翁杉の周りには光が入り、
周りには翁杉のあかちゃんもいるのだ。
これから翁杉の子孫もどんどん育っていく。
翁杉の切り株にもまた新しい杉の芽が出て、
二代杉になるかもしれない。

森はもうやって繰り返して行っている。
全ては循環している。
全ては完璧なのだ。

b0160957_8553732.jpg



この日、くみちゃん、さやかちゃん、ともちゃん、
一緒にあるけたことに神様に感謝です。
また私と一緒に森の中を歩いてくれてありがおつね。

くみちゃんは動物をたくさん呼んだね~ すごかったね。動物との時間。ありがとうね。
さやかちゃん、足良く頑張ってくれたね。ゆっくりやすんでね。 ありがとうね。
ともちゃん、屋久島から大きなメッセージをいただいたね~ありがとうね。

また会いましょう~~ありがとうね。

b0160957_8531362.jpg

翁杉さん。

あなたのおかげでたくさんの人たちどんなに癒されたか。
本当にありがとうね。
また会える日を楽しみにしているよ。
絶対に会えること信じているよ。
ありがとうね、大好きな翁杉さん。



トロッコ道の帰り、
トイレ掃除の地元のおじ様とすれちがった。
『今日はロケットの打ち上げだよ。絶対に見にいったほうがいいよ。』


私は夜一人で小瀬田のほうまで車を走らせた。

すごい人だった。

夜のロケット発射は以前みたことあったが光がすごいんだよね。


発射までみんなドキドキしていた。

かなりロケットマニアの方が多かったような。。。
暗くみんなの顔がわからなかった。
近くにはイスに座っているおじ様がいた。
光になった『おじじ』にそっくりだった。
おじじなんだね。

ここは満天の星で、
天の川が美しかった。
観光客の人たちの声が聞えた。
『こんなにきれいな☆をみたのははじめて!』


いきなり種子島の方で空が赤くなった!


うわ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みんなで叫んだ!

b0160957_859546.jpg


うわ~~~すごい!!!!!!


b0160957_8594212.jpg

雲をどんどんつきぬけた!すごい!海が真っ赤になる。


b0160957_903222.jpg

面白いのはロケットの横で流れ星が落ちるのだ~~~


三分後には音が聞えてきた!
ご~~~~~~
すごい音だ。

その後、ロケットは星のようになってしまった。
燃料もいきなり切り離すところも見えた。

夜のロケットはよく見える。


思い出した。
私の小さい頃の夢は『宇宙飛行士』になることだった。
外から青い星の地球を見ることを想像するだけでワクワクしていた。


ロケットはいまごろ、
地球を見ているのだから。
青い星地球をみているんだね。
もうワクワクするよ。
地球は美しいんだろうね。




このロケットの名前は『みちびき』だった。

神様カードに出てきた、
『痛みは気づきをもたらしてくれる道しるべ、その道は光明へつながっています。』
みちしるべ、みちびきとシンクロしていた。


天之御中主神の祭られている神社は『福岡県水天宮』とかいてあり、
新月の『東経130度30分のライン』この矢筈神社と繋がっている。
シンクロだ。


全てが繋がっている。
全てが一つ。
目に映ることは全てはメッセージ。


『魔女の宅急便』でもかかったユーミンの曲がずっと頭をぐるぐるしている。




優しさに包まれたなら

小さい頃は 神様がいて
  不思議に夢を かなえてくれた
  やさしい気持ちで 目覚めた朝は
  大人になっても 奇蹟は起こるよ

  カーテンを開いて 静かな木漏れ陽の
  やさしさに包まれたなら きっと
  目に写る全てのことは メッセージ
(2) 小さい頃は 神様がいて
  毎日愛を 届けてくれた
  心の奥に しまい忘れた
  大切な箱 開くときは今

  雨上がりの庭で くちなしの香りの
  やさしさに包まれたなら きっと
  目に写る全てのことは メッセージ

(3) カーテンを開いて 静かな木漏れ陽の
  やさしさに包まれたなら きっと
  目に写る全てのことは メッセージ




ありがとうございます! 今日もすばらしい一日を!

9月19日は益救神社手つくり市の日



屋久島ホピのワークショップ9月27日28日です。
by morino-tabibito | 2010-09-12 09:19 | ハッピー・ライフ♪ | Trackback

全てが一つになる月

昨日はりかちゃん、ももちゃん、かずみちゃん、とっきーとともに太忠岳。
大雨の降るはずが、
小降りになり、
とてもラッキーでした。
そして太忠岳では最初霧だったが、
なんと奇跡的に安房の海までみえてしまったよ~
神様が
「ちょっとだけよ~~」って声が聞こえてきて、
霧の間からの景色。

神様ありがとう~~~

b0160957_8222874.jpg



またみんながとても元気なのよね~~~
b0160957_8231765.jpg



b0160957_8241819.jpg

とっき~~かずみちゃん再会うれしかったよ~二人は天使だよ~
本当にありがとうね。 メッセージもありがとうね。
ビッパサナーいくよ!

りかちゃん、ももちゃん、虹にあえてよかったね。
屋久島はおもえば願いがすぐ叶う島です。
また会いたいよ~~~


みんな本当に純粋な魂の持ち主でね。
最後のハグは最高にうれしかったよ。
みんなありがとう~
森も天柱石も大歓迎だったね。





ホピとのつながり。
ホピのエネルギーがきているね。
ネイテイブのエネルギーがきているね。


「ホピの予言」


5年前、パン屋にいったら、
「ホピの予言」って映画が公開されることになっていた。

だけどこの日は仕事で行けなくなっていた。

しかし!なんと台風がきて、
映画の公開はがちがう日になった。

私たちはこの映画をみることになった。
映画について健太が以前日記に書いてくれました。
ネイテイブアメリカンとの出会い
ホピの予言エッセンス1
ホピの予言エッセンス2

4という数字がやたらと出てきた。

ホピにとって4は聖なる数字。
4っつの方向を示す数字なのだ。
東、南、北、西。


私のバースデイは4月4日。
日本では4は不吉の数字って教えられていた。
だけど、この映画では4は聖なる番号!
「私の前世はやっぱりホピかも~~」って思っていたら、
私のチケット番号が44だった!
うわ~~~~
こりや宇宙が
「そうですよ~~」
の合図だ!


この数ヶ月後、私たちはセドナに行き、ホピにも行った。

そこからたくさんのことがはじまった。
出会いもたくさんあった。


ルービンのことはこの時からよく耳ににするようになった。
シルバージュエリーもとてもステキだった。
アーテイスト同士、健太にも会わせたいと思っていた。


マヤの新月にいきなり、
友人からホピのカチーナをいただいた。
その日、お地蔵さんのヤクスギの彫り物もいただいた。
うわ~すごいと思ったら、
ホピの長老のメッセージに会い、
ホピの長老が去年健太がヤクスギを奉納した、熊本のへいたて神宮に行くことを知った。
すごいな~~って思って、
このメッセージをブログに公開したら、
友人からの「屋久島にホピの方がくるよ!」って話がきて、
なんとルービンだった。

屋久島にきてくれるなんて。

ワークショップをみて、
島の人たちにとって、料金はたかいな~~って思って、
主催者の方にきいてみたら、
とても親切な方で「島の人は志で参加できる」と提案に乗ってくれたのだ。
主催者の方の佐々さんとも縁を感じた。
ブログでのつながりがかいてあります。
私たちもお手伝いすることになった。

「2006 年には、世界中からホピのもとへ集められた聖水を、ホピから
メキシコシティまで走って運ぶ「H2OPI Water Run」を開催した内の
一人。ホピの村で2 年間かけて募った子どもからお年寄りまでのリ
レー走者により、地球から与えられた恵みである水のメッセージと
ともに、メキシコシティで開催された国際水会議に出席しているリ
ーダーのもとへ聖水が届けられた。メキシコシティからホピへの復
路では、再びリレーによって聖火が運ばれた。」

私はこのことを知って、
この時、
屋久島の水を少し、ホピに送ったのだ。
屋久島の水もメキシコシテイまで運ばれた。

まさかルービンも関わっているとはこのときはまだ知らなかった。


全てが一つなっていく。
パズルがどんどんはめこまれていく。
いろんな方法でみんなの思いは一つ。
それは「平和」と繋がる。



島のみなさん、是非是非、ホピの方と繋がってみてください。
是非ワークショップに参加してみてください。
とても大切なことだと感じます。

「ルービン・サウフキーのこれまでの歩み
1968 年生まれ、ホピ居留区セカンド・メサ、
ションゴポヴィ在住。ホピ・シルバークラフ
ト・コーポラティブ・ギルドでジュエリー製
作を学び、1988 年頃から製作活動を始める。
トゥーファー加工という特殊な技術を得意と
する職人である。11 年間のアルコール中毒を
乗り越え、6 人の子供と1 人の孫娘を持つ父親
として、シルバーの製作販売で生計を立てる
傍ら、ホピの第2 メサにおける学校設立に携わり、8 年間教育委員
会の会長を務める。「H2OPI Water Run」「Return of the Ancestors」
など社会貢献のために様々な活動を行なっている。親日家でもあり、
富士山、熊野、立山などを訪れている。
2006 年には、世界中からホピのもとへ集められた聖水を、ホピから
メキシコシティまで走って運ぶ「H2OPI Water Run」を開催した内の
一人。ホピの村で2 年間かけて募った子どもからお年寄りまでのリ
レー走者により、地球から与えられた恵みである水のメッセージと
ともに、メキシコシティで開催された国際水会議に出席しているリ
ーダーのもとへ聖水が届けられた。メキシコシティからホピへの復
路では、再びリレーによって聖火が運ばれた。
2009 年には、世界中の先住民族の長老による集まり「Return of the
Ancestors(先祖達の里帰り)」に運営メンバーの一人として、叡智
の相互理解と交流のために尽力する。9 月にはアウェイクネイチャ
ーの招きにより来日し、ワークショップに参加。自身の心を開くこ
とになったきっかけでもある、アルコール中毒を乗り越えた経験や、
「H2OPI Water Run」、「Return of the Ancestors」で起こった事、
ホピの現状を踏まえて「I」ではなく「WE」で考えることの強さを伝
えた。
ルービン・サウフキーから日本の皆様へメッセージ
「ホピ」とは本質的には、生き方の事を指します。必ずしも、私達
の部族の名前ではありません。私は誰でも「ホピ」になれることを
強く信じています。もし、あなたがバランスのとれた、調和のある
生き方をしているとしたら、それが平和を実現させます。「時」が
迫っていても、その生き方が全ての人を、または多くの人々をひと
つにさせます。私達にはまだ時間が残されています。しかし、智美
さんが言ったように、人々が変わりたいと願い、そういう生き方を
選択する事を、私達に託されています。それが達成された時に、気
付きや癒しが起こります。私達が運ぼうとしているこのメッセージ
を、日本の人たち、ホピの人たちに届けることによって、それが共
鳴しあって、その和がさらに世界中に広がっていくことを願っています。
ただ、今、私達はまず日本の人たちと協力しようとしていま
す。
私は、あなた方(夫貴司と妻智美)が、ホピの土地まで訪れ、スピ
リットのエネルギーに触れたことに嬉しく思います。そして、第3
メサのバッカビという村で行われていた「バラッカワユ」と呼ばれ
る赤い尾を持つ鷹のカチーナ(精霊)ダンスを見たことにも光栄に思
います。あなた方(夫貴司と妻智美)が日本に戻った際には、誰で
もホピ的な生き方ができるという事を広めてください。この行動が、
本当に「時」が遅くなる前に、できるだけ多くの人に気付きを与え、
ひとつになれるきっかけを作ってくれるでしょう。まだ時間は残さ
れています。まだ希望も残されています。次のメッセージを聞いて
くださる皆様に、私から背中を押させて頂きたいと思います。
私達の全てが、自分の心を開き、自分の心に戻ることを願っていま
す。何故なら、そこに気付きがあり、素直にさせてくれる真実があ
るからです。その結び目から、できるだけ多くの人々へ、地球上に
存在する全ての生命が、母なる大地と共存できるよう、祈りの和を
広げていくことができるでしょう。ありがとうございます。」(アナンダラバのHPより)


是非ご参加ください。
屋久島で参加できなくても葉山、淡路島、沖縄などでワークショップもあります。
こちらです。



ご賛同のお願い
今回のルービンの来日の目的は、あくまでも、ホピと日本の文化交
流を通じて、私達の遠い先祖が持っていた共通の感性を思い出し、
私達が住む地球がより良い環境を保てるよう、より多くの人に考え
るきっかけを作るための機会を設けるために代表のルービンにより
企画されたものです。
このプロジェクトを実現させるためには、準備のための費用、渡航
費、広告宣伝費、人件費、滞在費などを賄うため、各地のワークシ
ョップで参加費を頂くことをご了承ください。さらに、5 千円以上
寄付して頂いた個人の方には、ホピの職人のデザインによるホピのメッセージ
入りのツアーT シャツを差し上げております。
他にも、このプロジェクトの運営の財源となる賛同基金を設けてお
ります。賛同者には、下記賛同金を1 口以上お願いしています。賛
同者はホームページにて公表させていただきます。今後の活動のた
めにも、皆様からの暖かいご支援をお願いいたします。
【個人】1 千円【市民グループ】1 万円【企業・団体】3 万円
どうぞよろしくおねがいします。


HPはこちらです。


葉山のワークショップ後、
なんと今度は高尾ではアイヌのシャーマン、レラさん行きます。
このキャンプ場は2月に森旅のワークショップをやったところ。これもシンクロ。
レラさんとはまだお会いしたことはありませんが、
いつか絶対にお会いしたい方です。
私も高尾にエネルギーを送ります。
お近くの方、是非参加してみてくださいね。
私も行きたい!!!!!!

9月25日(土)東京高尾ウレシパモシリ祭 出演
【日時】
9月25日(土) 原始回帰への旅    (雨天決行)
9月26日(日) ウーマンズ ティピ   (雨天決行)
≪参加アーティス≫
アシリ・レラ(アイヌの語り部)、ヒビキ(アイヌの踊り)、AKIRA(魂の歌)、ACHICO(ファイアーダンス&出産のお話し)、サヨコ(歌&わらべうた)、アキヒロ(ギター)、中山康直(縄文エネルギーのお話)、LAGO(トライバルサウンド)、マビ・マンジ&ゴンダブワテテメコ(ケニア ギリヤマ族の太鼓と踊り)、虔十の会代表 坂田(高尾山の生物多様性のお話し)、そうや(ジャンべ、バラフォン)、孝輔(ディジュリドゥ)、Jonny(ドラム)、Pikale(歌)、虹の花の遊美(インディアンフルート)、Dai(エチオピアのスライドショー)などなど
 ≪26日のワークショップ≫
★火を囲みアイヌ民族のグランマザー、アシリレラさんによるお話
★炎の舞師ACHICOの自宅出産体験のシェアリング、いのちのお話
★サヨコさん(サヨコオトナラ)の日本のわらべうた
★平山せいこさんの女性の身体の神秘、月経血コントロールのお話
★子宮を癒す、えなヒーリングマッサージ
★世界平和は家庭から、マクロビ&ローフード「食」のワークショプ
★その他、ベリーダンスやフラダンスなどなど
【場所】
日影沢キャンプ場 <http://www.rinya.maff.go.jp/kanto/takao/campzyo/campzyo.html>
東京都八王子市高尾町2181-1
【アクセス】
中央線or京王線の高尾駅北口から京王帝都バス2番のりば 高01『小仏行き』に乗車し、「日影」バス停で下車。バスの進行方向と同じ方向に200m進み、左折して林道に入る。  徒歩10分。 or Taxi
≪注≫・バスは本数が少なく、最終も早いため事前に時刻表をご確認下さい。
・ 駐車場が少ないためお車でのご参加は出来ません。どうしてもの方だけご連絡ください。≪ ↑ ただ今駐車場探し中≫
【時間】
25日  11:00からスタート (10:00から受付開始)朝8:00からカムイノミを行います。
26日  10:00からスタート
 ・25日は参加したい方は7:40までに会場にお越し下さい。
(神様とご先祖様に食べものを捧げますので、出来れば食べものやお酒をご持参下さい)
・両日とも出来るだけお早めにお越しください。(早い時間から盛り上げていきます)
【参加費】
25日  当日 ¥4,000  前売り ¥3,500 。
26日  当日 ¥3,000  前売り ¥2,500
宿泊      ¥1,000  ≪限定200名≫ (テント持ち込みの方のみで貸し出し無し)
・大学生、専門学生は、500円引き (学生証を必ずご持参下さい) ・小、中、高生は、半額 ・小学生未満は無料。 ・障害者割引、妊婦割引として半額にさせて頂きます。(両方とも手帳をご持参下さい)
【予約】⇒ uresipa_takao@yahoo.co.jp (受付担当:大西まで)
(フルネーム、電話番号、メールアドレス、 25日 or 26日 or 2日間、宿泊有無)
≪両日とも前売り券の予約は9月23日(木)18:00まで!≫(それ以降は当日券とさせて頂きます)
【お問い合わせ】⇒ earthtribes33@yahoo.co.jp
・会場は森の中のキャンプ場ですので、雨,防寒対策など野外に相応しい服装でお願い致します。
・キャンプ場周辺にはお店はございません。必要なものがあれば事前にお買い求め下さい。
 (食べもの、飲みもの、お酒類の販売はしております。持ち込みも可)
・キャンプ場は、どの機種ともに携帯の電波は入りません。 
  (バス通りまでお戻りになってお使い下さい)
・会場では貴重品以外の荷物のお預かりも致しております。
[持ち物]マイ皿、マイコップ、マイスプーン、マイ箸、雨具、下に敷くシート(ござ)、キャンプの方はキャンプ道具(キャンプ場での貸し出しは一切致しておりません。照明もございません)
≪注≫ ・詳細とスケジュール等は変更する可能性がございます。その為随時こちらで更新していきますので定期的にご確認下さい
⇒ http://www.watarigarasu.org/(エチオピア フォトグラファーDaiのHP内の日記〈ブログ〉
人が人を繋ぎ出来るだけ多くの人が来てくれることを願っております
《主催:Earth tribes (earthtribes33@yahoo.co.jp)》
《共催: 虔十の会   (kenju_sakata@yahoo.co.jp) 》
★鈴木洋見(Dai)公式ホームページ↓( http://www.watarigarasu.org )
世界放浪の時の写真や文章、スーフィー巡礼からキックボクシング時代の写真なども載っていますので是非覗いてみてください





ぴ~~んときた、
是非どれからワークショップに参加してくださいね。



ですから、今月はいろんな祈りがはじまります。
みんなが一つになっていく月。
今日は新月。
私も祈っていきます。

ステキな新月でありますうに、
ここより祈っています。

ありがとうございます。

b0160957_912027.jpg

by morino-tabibito | 2010-09-08 09:02 | ハッピー・ライフ♪ | Trackback

宝珠観音からのメッセージ

まずは宮之浦岳のブロッケンの後日。
湯泊まりの月の港さんでフリーマーケットに出店。
忙しいたのしい毎日です。

大好きな恵子さんの「月の港」さん。
恵子さんのお嬢さんは私と同じアメリカの大学。
なんと後輩にあたるのだ~~すごいよね。。。。このシンクロ。

「月の港」さんはステキな民宿なのです。
貸し切り民宿です。
海と山に囲まれています。

ここでフリーマーケットがありました。

放送がかかったせいか、
すごい人たちがきた。
始まりは10時からなのに、
9時にはみんな来ていた。
すごい!

ゆうじんやーやんの店はおばさま集団ですごいことになっていた。
まさにデパートのセールだ。
大人気だった。
やーやんに手を振った。
「やーやんがんばれ~~~」

「森旅」はドリームキャチャー、屋久島の光はがき販売でした。
結構うれました。ありがとうございます。

マリオも隣でフリマ。
ほぼ完売でした。

b0160957_13195162.jpg

元気いっぱいのせっちゃん。手をあげているよ。せっちゃんのおいしいクッキーも完売だよ。
たべたかったよ~~~

b0160957_1321365.jpg

「森旅工房」

b0160957_13222045.jpg

ドリームキャチャーワークショップ

b0160957_1323479.jpg

マリオ、いくまくんできたよ~~~ステキだね~ 

けいこさん、せっちゃん、本当にありがとうございます。
たのしかった~~~最高~~~

来てくださったみなさま~
本当にあえてうれしかったよ~~~
ありがとうね。

新しいご縁もありがとうね。
最高だね。出会いってね!


主催者のけいこさんも私たちの同じ考え。
「みんなで楽しみたいから。」

私たちの「益救神社手作り市」もまさにそうです。

「みんなで楽しみながら、自分の表現力をシェアーしていく。
たくさんの喜び、出会いを大切にしていく。みんなどんどん繋がっていて、
一つになっていく」
これがわたしが思う「手作り市」です。


益救神社手作り市もよろしくおねがいします。

第6回益救神社手つくり市、
今月もやります。
みなさんいつもいつもありがとうございます。
みんなの心のこもった手つくりがどんどんひろまりますように~


第6回目の手づくり市は9月19日です。
一緒に外で楽しみましょう。

2010年9月19日 8時から13時まで 宮之浦益救神社境内  小雨決行

出店募集・・・・・出店料1000円

心のこもった手づくり品、美味しいたべもの、青空ギャラリー、アート作品、ワークショップ、無農薬の野菜や果物、花、苗木、フリーマケット、 郷土菓子

子どもギャラリー、子どもショップ・・・こちらは出店料無料!


 
くわしくはお問い合わせください。

出店者参加お申し込み&お問い合わせは 0997-45-2340  手つくり市の会 サトウ

第6回手づくり市 出店者

森旅工房
カイホー屋



子どもギャラリー
カフウ

出店者が22店ぐらいになったら締め切る予定でいます。
出店希望の方はお早めにご連絡を下さいね。

さぁ〜、第6回もたのしんでいきます!

みなさまのご来店お待ちしおります。

ありがとうございます。

b0160957_1331773.jpg



ブログ
http://yakujinjya.exblog.jp/


「月の港」さんの次の日は自由人”sと天文も森を歩いた。
自由人”Sは地球探検隊の隊員です。
今回は屋久島三回目。
大好きな仲間だ~

デジカメの電池ぎれのため、写真がない。
ごめんよ~~~

自由人”sのみんなは本当にきれいな魂の持ち主。
一緒にいると本当にいやされるんだよね。

雨の中の天文の森だったけど、
めちゃくちゃ楽しかったよ。

夜は我が家で飲み会。
これもまた楽しかったよ~

ありがたいね、みんな。

本当にありがとうね。 屋久島もみんなを歓迎していたね。
またあえるのが楽しみ。
ありがとうね。 
大好き!自由人”s!!!!!



さて昨日キートンたちが引いた観音様カード。
とてもすばらしいメッセージだった。
きっとこれにぴーんとくる方もたくさんいらっしゃるはず。
是非、読んでみてね。
宝珠観音様のメッセージ。

「人はみな、それぞれの宝の玉をそなえてこの世に生きている」
と、菩薩様がつげています。 そして、その宝の玉は、あなた次第で輝かせることも曇らせることもできると、
間違いなく言えるのは、神々しく美しく、七色に輝く光の玉。
数々の経験を乗り越えて、自分と向き合い、より自分らしさを発揮できてこそ、その玉本来の光が輝き出すと告げています。
持っている玉は誰もが平等。 今、あなたが持っている宝の玉は、どんな状態、どのくらいの輝きでしょうか?またどのくらいの曇り具合に感じますか?

この宝の玉は、自らの経験で得た気づきが何よりの研磨剤となります。 その研磨剤をつかって、あなたらしさを存分に発揮してこそ輝きがますのです。 そう考えると、あんたに起こること全てが、あなたの宝の玉を輝かせる為に天からの贈り物。 乗り越えられないものがあなたにくるはずがありません。 もっともっと輝ける可能性がいっぱいあなただからこそ贈られているのです。 せっかくの贈り物を喜んで受け取るあなたでいましょう。

つらく感じることも、違いを感じる部分に意識を集中して、その違いに抵抗するのではなく、出来事全体を丸頃経験として楽しむつもりで自分と真向かい、乗り越えていきましょう。
その先には、七色に輝く光の玉を手にして、喜びの涙を流しているあなたの姿があります。 がんばってくださいね。」





全ては繋がっているね。
心配ないよ。
魂は永遠だものね。


今日にも今にも感謝です。
ありがとうございます。
by morino-tabibito | 2010-09-06 13:40 | ハッピー・ライフ♪ | Trackback