全宇宙を、地球を、屋久島をこよなく愛す夫婦です♪ 屋久島はミラクルパラダイス!全てはひとつ、そして繋がっている。 Oneness を教えてくれた屋久島!ありがとう! HPはwww.moritabi.com 
by morino-tabibito
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
神奈川
ハッピー・ライフ♪
ビッパサナーの旅へ
白谷
縄文杉
映画
ヤクスギランドへ
四国の旅
南米日記
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
フォロー中のブログ
やくしま手づくり市
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

口永良部島へその2

朝5時半に起きた。
この日の夢は港でクジラに会いに行く夢だった。
そうだ。
数ヶ月前から小さいクジラが港にいるらしい。
クジラに会いにいかなくちゃ~~って思った。

朝日を見にいったが、
朝日は登らなかった。

昨日みつけたお気に入りの場所で朝食を食べた。
お宿の奥様の美味しいお弁当。
ありがたいです。

永田岳は見え、そのうしろはピンクになっていた。

なんだか寂しくなってきた。
また不安や恐れがいきなりやってきた。
頭の中が寂しさでいっぱいになった。
またきたよ。

私は寂しさを払いのけるように、
すぐ登山口のほうに向かった。

神様にご挨拶して歩き出した。
頭痛がまだしていた。
昨日の朝から頭が痛いのだ。
この島からついてから頭が痛い。
なんだろう。。パワー負けでしょうか。。。

大きな岩をみたら一揆にその頭痛は消えた。
すっげ~~~


b0160957_16144966.jpg

ネイテイブアメリカンの土地を思わせるような大きな岩山。 
テーブルマウンテンのようだ。
この岩山が私の頭痛をなおしてくれた。

以前のセドナに行った時の話。
私は飛行機から頭が痛かった。
セドナについたとき夜中だったので、
ホテルを通り過ぎてしまい、
三日月に照らされたベルロックの岩山に出会う。
車から降りたとき、コヨーテの声がした。
数匹のコヨーテの遠吠え聞えた。
その時、私の頭痛は治った。


まるでその時のようにこの岩を見た瞬間、
私の頭痛が消えた。
この岩山が大好きになった。

どうやら一番高い岩山らしい。


b0160957_16194871.jpg

古岳についたら、煙がすこしもくもくしていた。
古い火口だね。

看板にはここまでって書いてあったけど、
私は誘われるがまま、直感にしたがうまま、
先のほうへ、丘のほうへ登った。
よくみたら道があった。


b0160957_16224488.jpg

屋久島の永田岳も応援している。
朝日の光が海を照らす。
なんて美しいのだろう~~~

b0160957_1624230.jpg


岩山も近い。


丘を超えて、ぞっとした。。。。


その火口からすごい勢いで煙が出ていた。
岩は黄色い。。。
ちょっとこの世ではないような。
怖い。。。これが正直な気持ち。
怖い=パワーがすごい!ってことなんだよね。
私は一人叫んだ。
すっげ~~~~~~

b0160957_16255650.jpg



こわい。すごすぎです。


b0160957_16265246.jpg

音がする。
しゅ~~~~~~~~~ってね、
そしてすごい量の煙が。。。。

まるで生き物。 っていうか生き物なんだけど。

地球がすごいすごい”!!!


やばい。。。


b0160957_16282236.jpg


右うしろを向くと優しい永田岳があり。


左下は荒々しい黄色い岩の大きな岩があり、その穴が音を出しながら、
煙を吐いている。
まるで生き物。。。ごめん。そればかりだ。。。。
もう生き物なんだよね。
たとえばナウシカのキョシン兵みたいな。


b0160957_16305681.jpg



この火口の縁は道が狭く、砂ですべりやすく一歩すべて落ちたら、
もう二度生えあがれそうもない。。。。

わっしーが船のデッキで話してくれたことを思い出した。

『あの縁から落ちたら死ぬね。』


が~~んが~~~ん。
ワッシーの声が何回も消えた。
私はあるくことに集中した。

すごい所に来てしまった。


その時一羽のイソヒヨドリの鳴き声が聞えた。
彼女は私を案内してくれた。
『大丈夫。大丈夫。私達がいるよ。』

少し行ったら飛んで、また少し行ったら飛んで。
ちゃんと道を案内してくれた。


その優しさに私は

『ありがとう~~~ありがとう~~~~』

泣いてしまった。。。

うれしくて、うれしくて、
イソヒヨドリの優しさ、
愛、そして大いなる存在の愛に触れた。


号泣しながら歩いた。


いつも守られている。本当にありがたい。

朝のさみしさなんてもうどこにもない。

全てが一つになった気分だった。



b0160957_16333517.jpg


穴に一番近寄れるところまで行った。
この煙も猛毒ガスなので、この辺が一番近いでしょう。

私はここでお祈りをすることにした。


丁度一ヶ月前、
トニーの友人のキャルと『手づくり市』で会い、
話たことができて、
私はすぐここで祈りたいと思った。
キャルはサンタフエに30年以上住み、
絵描きなのだ。 
彼女を一目見て、『この人知っている!』って思った。
彼女は私をみて、泣いていた。
お互い、過去生で会っていることをを確信した。
お互いが思い出すってこうたくさんないので、本当に貴重で、そして必要だってその時思った。
彼女が話すことを私はとても理解する、彼女も私の話をとても理解していた。
価値観が同じ、見る目線が全く同じだ。

そんな彼女が手づくり市の数日前に口永良部島に行き、
この古岳でトニースージーと共にお祈りしたって話していた。
私はその時
『よし!私もお祈りに行く。新岳で祈る』って思って、
この日にきたのだ。




お米、お酒、塩を巻いた。


シンギングリンをならした。





b0160957_16452734.jpg

太陽も顔をだした。


黒い大群がやってきた。

20羽のカラスがやってきた。



彼らは私と一緒に祈りたいようだった。




b0160957_16465528.jpg


祝詞をあげて、般若心経、をあげた。


全てに感謝をした。

生きていることに。



困っている人達のことを思い、お祈りをした。



お祈りが終わると、

カラスたちが私の周りまで近寄ってきた。
皆踊っているようだった。


b0160957_16502231.jpg




あのパワフルの火口も先ほどまでこわかったけど、
今はとても愛おしくおもえるようになった。
まるで自分の一部ように感じた。

恐れなどもう私の中には何もなかった。


b0160957_1652595.jpg




感謝の気持ちでいっぱいになった。



屋久島が水の神様。

口永良部島が火の神様。



私はまた誘われるまま、
あの大きな岩に登ることにした。
あの岩への道が見えた。


水の神様の島屋久島が美しかった。


b0160957_16585057.jpg


頂上で寝転がり、
また起きて、叫んだ~
大好きなみんなの名前をさけんだ~~~

『みんな大好き~~~』



ここはオープンハートな岩山だね。



うしろはあの火の神様もいらっしゃる。

b0160957_1703950.jpg







b0160957_1711940.jpg

雲も私に手を伸ばして、ハグしてくれそうな気分。
みんなが答えてくれている、ありがたいよ~~


b0160957_1763331.jpg

煙がまるで龍のように、風と遊んでいるの。
見ていてまったく飽きない。
おもしろい。


b0160957_1732210.jpg


岩山におりて、
いきなりねむくなったので眠ることにした。


きもちいい~~~~~


b0160957_1775452.jpg

古岳を降りて、
岩山を降りたら、
先月、トニースージキャルのお祈りを感じたよ。

そうしたらね、

今度は鳶が飛んできたのよ。


b0160957_1792835.jpg



すごいよね。繋がっているよ。

鳶さん~~ありがとう~~~~~~~



b0160957_17104639.jpg




ここは異空間だった。
だって1時間ちょっと登れば、
もうここはどこって感じの場所。
とても広大だ。
みんな絶対に一度は登るべきです。
そうして、地球の息吹きを感じてください。

ここは一度自分の恐れや心配が表面化して、
そしてそれを認め、受け入れることによって、
地球や宇宙と繋がり、
自分と繋がり、
そしてオープンハートになる。

そんな山だ。

とてもスピリチュアルだったな。

あの頭痛が消えたのも本当にありがたかったしね。



このあと、
湯向きの温泉に入った。


気持ちいい。


『今回みんが来たことによって、また屋久島とくちのえらぶがつながったね。
水の神様と火の神様がつながったね。』

と思ったら、大きな大蛇が現われた~~~


本当に繋がったって言っているね!ふふふ。。。


そしてお気に入りの岩で屋久島永田岳を見ながらお昼を食べた。


そして読書もした。



ソニアショケットの本を読んでいる。

メッセージだと思った。


『優しさとは、愛にみちた魂の行為です。
優しくすることは、優雅さ、上品さを持って生きることです。
人生興味をもって、自分や他人がもっとよくなるように思いやることを意味します。
あなたが人に優しくするほど、多くの愛や優しさが戻ってくるのでしょう。
逆を言えば、不親切な言葉や行為をどんなに正当化しても、それは千倍になってあなたに戻ってきます。

この法則は、私達を自分自身に出会わせるために働いています。
自分からどんなに逃れようとしても不可能です。
何をしようと、どんな行動を起そうと、世の中でどんなエネルギーを表現しようと、最終的には周囲の人から同じエネルギーが帰ってきます。 人は自分が与えたものを受け取るのです。 
それゆえ、自分の完全な幸せや喜びを保証するには、他人に自分の心とたましいを十分に与えることが必要なのです。

優しくするには訓練が必要です。 エゴではなく自分のたましいを愛し、それを生きているなら簡単なはずです。事実、自分がたましいから離れるかどうかがはっきり分かる方法の一つは、自分がやさひいかどうか気づき、思いやりをたもとうとします。 不親切な行動は、魂を動かしません。それは、いらいらしている偽りのエゴが気に入っていることです。


優しさは、自分を含める全ての人中にいる神に敬意を表す選択です。 習慣になるまで練習が必要です。
自分と他人に優しくする習慣をつくるために、自分の中にルールをもちましょう。 エゴに自分をきづけさせないようにし、機会あるごとに優しくしてください。
自分をやさしくするのは、自分の基本的な欲求を調べることから始まります。

体によいものを食べていますか?
必要な回数たべていますか?
必要以上たべていませんか?
睡眠を十分とっていますか?
リラックスする時間を設けていますか?

これらはあなたのたましいに栄養を与えてくれるささやかな優しさです。


私の大好きな話は、ダライラマがテレビのインタビユーに出ていたときのものです。 インタビユアーがダライラマにたずねました。

『つねに動じず、親しみをもち、愛に溢れているために、あなたがしていることはなんですか」

ダライラマの答えは簡単なものです。

『約束の時間に間に合うようにゆとりをもって出かけていきます。』
感銘深い哲学的な答えを期待していたのに、極めて基本的な答えを受け取り、聞き手はびっくりしました。
でも私達の人生の方向性を調子を作るのは、自分が行う日々の小さな決断です。 約束事に早めに出かければ、落ち着いて、たましいとともにいられるでしょ。ぎりぎりに出るから、エゴの大騒ぎや恐怖感、ストレスを経験するのです。
早めにでることでダライラマが自らのために選択した優しさとはシンプルなものです。

優しさとは何かをするというよりも許すことということです。 誤りを許し、時間と忍耐を許し、励ましと寛容をゆるします。 私達みんあが、恥を怖れることもなく、自分の学びをつづけるこを許します。 たましいの威厳が人生の指揮することをゆるします。 自分にもっと優しさをゆるしてあげてください。 もっと多く優しさを他人にも与えましょう。 与えつづけることが自分を愛することの一つの表現なのです。』ソニアショケット 自分を愛するたましいのレッスン。


やはり自分に優しくすることはまわりに優しくすることに繋がるんだよね。

このメッセージをハートに入れて、
お昼寝をした。



そのあとは港に昨日の夢に出てきたクジラに会いにいった。
健太も港にいた。

『バンドウクジラ』だそうです。

この数ヶ月ずっと住んでこの湾に住んでいるみたい。


b0160957_17401370.jpg

あえて光栄だった。

本当にうれしかったよ~~~



お宿に戻り、
車を返して、
港までご主人と奥さんが送ってくれた。
本当に暖かい方々だ。
あえてうれしかった。
次回は健太と泊まりに行くよ。


民宿くちのえらぶ
0997-49-2213







島のみんなも送ってくれました~~~


b0160957_17433983.jpg


ありがとう~~~本当にありがとう~~~


b0160957_17444686.jpg

火の神様ありがとうございます!またきます~~~



b0160957_17474727.jpg

みんな笑顔だね~~~


b0160957_17491743.jpg


帰りはまたデッキに出て景色を楽しんだ。

健太も昨日太鼓のメンバーとオープンハートになって、
涙を流したそうです。

くちのえらぶは『オープンハート』の島。
そう健太も言っていた。

ありがとう、くちのえらぶ、
最高だよ~~~大好きです。

b0160957_17512860.jpg



ありがとう~~~~~~~~



屋久島つくと、
屋久島が大都会に見えた。
くちのえらぶは人口150人でほとんど車がはしっていないし、
本当に静かです。

別次元だね、くちえらぶ。


行けてよかったよ。

本当に太鼓のみなさんありがとうざいます。



屋久島とくちえらぶがまた繋がったよ~


b0160957_17535781.jpg



みんな長い日記を読んでくれてありがとうございます。
by morino-tabibito | 2010-10-18 18:05 | ハッピー・ライフ♪ | Trackback
トラックバックURL : http://morinotabi.exblog.jp/tb/14236653
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。